名古屋地域で体外受精を考える方に最新情報をお教えします!

可世木病院

可世木病院は東海地区でも古い歴史を持つ病院です。
婦人科・産科の患者さんに加えて不妊症の患者さんが集まってきたことをきっかけに、人工授精、腹腔鏡(1949年開始)、体外受精(1986年成功)を始めた、歴史と共に古くからこの地域の不妊に悩む患者さんの支えとなってきた信頼ある病院です。

可世木病院の特徴を以下にいくつか挙げてみました。

  • 体外受精コーディネーター、不妊カウンセラーがいる。
  • 産科が併設されており、妊娠後の出産も転院せずに可世木病院で可能。
  • 体外受精の対象年齢は、患者さんからの強い希望が有れば45歳まで行ってくれる。
  • 名古屋地区で最も歴史のある不妊治療施設

そして、治療方針は「できるだけ自然に」です。

可世木病院で受ける体外受精の対象は

可世木病院では体外受精を希望する患者さんの基本的な対象を以下に絞っています。

  • 既に他の病院で検査治療を行っても妊娠せず来院した方。
  • 人工授精を7-8回行っても妊娠しない方。 
  • 卵管が閉塞している、腹腔鏡で子宮・卵管の癒着が特にひどい方。
  • 精子がとても少ない方。
  • 年齢的に余裕がなく、たいへん急いでいる方。
    ※対象年齢は強いご希望が有れば45歳まで行っています。

基本的には他のクリニックと差がありませんが、45歳まで行ってくれるのは嬉しい点ですね。
クリニックによっては、40歳を超えると難色を示されることもありますので、年齢を気にされている方はチェックして見て欲しいと思います。

通院した患者さんの口コミを調べてみました

やはり気になるのは口コミ情報ですよね。昔ながらの病院と言うイメージがありますが、実際通った皆さんの印象はどうでしょう。以下に口コミ情報をまとめましたので、参考にして下さいね。

  • 診察を受けた時、医師は自分が悩んでいることをよく理解していただき、「私に任せてください」と励ましのあたたかいお言葉をいただいた時、今までもやもやしていたものがスーッと消えました。
    そしてそれによって、前向きに治療に取り組んで行けるようになりました。
    看護師はみなさん感じがよく、わからないことがあれば的確に答えてくださいます。
    受付の対応に関しては、良いと思いますが、事務的な印象も受けました。
  • 名古屋ではとても有名なお医者さん。お友達の紹介で行ってみました。常に人でいっぱいですが、予約を入れればそれほど待つことはありません。
    待合室には雑誌、テレビが3台ほど。キッズルームもあります。先生も看護婦さんたちも、とても親切です。受付のお姉さんも丁寧に対応してくださいます。
  • 長男の出産でお世話になりました。院長先生はとても優しく丁寧です。
    看護師さんも親切でした。

体外受精で評判の名古屋の不妊治療クリニック5選を紹介しています

可世木病院の概要

可世木病院HP クリニック名 可世木病院
住所 愛知県名古屋市中区栄4-16-16
診療時間 月・水・木・金曜日:9:00~11:30、17:00~19:00
火・土曜日:9:00~11:30
休診日:日曜、祝日、毎月第2・4木曜日
診療内容 タイミング指導、排卵誘発、配偶者間人工授精(AIH)、体外受精
 
名古屋で探す 体外受精のできるクリニック